サンセリテ青山 取材カテゴリの記事一覧

サンセリテ青山

サンセリテ青山という結婚相談所があります。ご存知でしょうか。サンセリテ青山をはじめとする結婚相談所の持つイメージというのは過去から現在に至るまで非常に暗いものですよね。ご存知の通り結婚というのは男性と女性が生涯連れそうことを目的として契約を結ぶことであり、その仲介をしてお見合いや結婚をコーディネートするのが、サンセリテ青山をはじめとする結婚相談所となります。もちろんトレンディドラマのような運命的な出会いというものに誰もが一度は憧れるものですが、ロマンチックな感傷は結構ですが、実際にはそんな体験には逢わないほうが一般的だと言えます。そのため、結婚相談所は全国各地に数多くあります。それだけ結婚できない人の需要があると言えます。結婚相談所の経営主体も民間業者が多く、サンセリテ青山も同様です。地方自治体が運営するものもあり、市役所が窓口になっていたりします。もちろん、会費や登録料といった金銭負担が発生することが多いので、利用するにはご自身のライフスタイルにあわせた結婚相談所を選択することが重要になるでしょう。

サンセリテ青山 イメージ

結婚相談所というのはお見合い結婚という恋愛結婚信奉者には耐えられない、暗い場所のように思えます。しかし週間ダイヤモンドの取材を受けたサンセリテ青山は、マンガ喫茶がインターネット喫茶に変化したように、お見合い相談所、結婚相談所の形態をガラリと一新しました。取材によると各種サービスが受けられるのが大きな特徴となります。一般にサンセリテ青山のような高所得者専用の結婚相談サービスでは、登録する男性の方に大きな金銭的負担がかかります。後述しますが、職業的な条件からはじまって年収の制限まであります。これは女性側の需要が男性の生活安定度を求める、有り体に言えばお金持ちと結婚するということを基準にしていることがわかります。一方女性側の会費は安いことが多いです。そのかわり男性の需要が容姿を求めていることが多いので、年齢制限が設けられているところが多いです。それぞれの需要と供給が一致するところにビジネスが生まれるのはいつの時代でも同じですが、サンセリテ青山の特徴はそのレベルがものすごく高いところです。

サンセリテ青山 特徴

サンセリテ青山の特長を挙げていきます。まずはエリート会員専門の結婚情報サービスであるということです。サンセリテ青山は、独自のエリートネットワーク(!)からなる厳正な入会審査を行って会員の質にこだわった完全メンバー制をとっています。男性の会員は大卒以上、年収700万円以上という条件があります。大卒以上という条件は今の日本の学士インフレ状況を考えればわからなくもないですね。まあ、大学院とか留学してMBAだのPhDだのがいること考えれば最低条件とは言えるのかな。問題は年収700万円以上という条件でしょう。700万というとだいたい上場企業の課長クラス以上の給料ということになります。またホームページの情報や週間ダイヤモンドの取材によると、男性会員の平均年収が1,600万円以上とあります。1,600万円となるともう一般人のレベルではなくなりますよね。おどろいた男性も多いのではないでしょうか。そう、それがサンセリテ青山が他の結婚相談所と一線を画す理由になっています。とんでもないエリート専門ですね。